Skip to content →

ゲスト かんぴょう君

本日は、株式会社小野口商店のマスコットを務めております、かんぴょう君をゲストにお迎えしているようです。それでは聞き耳を立ててみましょう。

 

―――本日はお忙しい所、お時間頂きありがとうございます。

 

かんぴょう君:吾輩は・・・、なんか違うな。オラは・・・、これもなんか違うような。

 

―――どうされました?

 

かんぴょう君:あの、まだキャラが固まってなくて。どんな感じでいったらいいかなと。

 

―――普段通りでお願いします。

 

かんぴょう君:あっ、はい。インタビューとかって、あんまり経験が無いんで、ちょっと緊張してます。

 

―――失礼ですけど、かんぴょう君、いつもより顔がむくんでませんか?

 

かんぴょう君:そ、そうですか? ん~、どうなんだろう。確かに寝不足気味ではあるけど。気のせいじゃないですかね。

 

―――そうですか。ところで、今年の夏はどんな過ごされ方をされたんですか?

 

かんぴょう君:ロック・イン・ジャパン(夏フェス)行ったり、富士山登っちゃったり。

あとは、上海にも行って万里の長城も見てきました。

 

―――充実した夏を過ごされたんですね。

 

かんぴょう君:ですね、今年は雨の多い夏だったけど何だかんだで楽しみました。最近は朝夕めっきり過ごしやすくなりましたけど、何となく寂しさも感じちゃう今日この頃です。

 

―――ロマンチストな一面もあるんですね。

 

かんぴょう君:そんな事もないですけど・・・。あ~、でも、やっぱ夏の終わりは「少年時代」とか歌いたくなりません?、井上陽水でしたっけ?。あと、フジファブリックの「若者のすべて」もいいな~、今の時期。

 

―――もし、よろしければ、マイクありますんで。どうですか?

 

かんぴょう君:えっ、今ここで?いや、いいです、いいです。また次の機会にでも。

そう言えば、この間、友達ができたんですよ。中国の友達なんですけど。

パウアーっていう名前で。女の子みたいなまつ毛で。かわいい奴なんだよなぁ。

 

―――それは良かったですね、今度紹介してください。

おっと、そろそろお時間のようです。今日はいろいろとお聞かせ頂き、ありがとうございました。

 

かんぴょう君:とんでもないです。あっ、お母さんが呼んでるんで、これで帰ります。

あの~、僕は小野口商店のマスコットやらせてもらってるんで、いろいろと見て頂く機会はあるかと思いますが・・・。次に直接お会いできるのは来年の夏になっちゃうんですよ。

 

―――えっ?

 

かんぴょう君:なんか今年もいろいろとありがとうございました。

じゃ、その時まで、お元気で、さようなら~。

株式会社小野口商店

Published in スタッフブログ


株式会社 小野口商店

〒328-0033 栃木県栃木市城内町2丁目53番43号
TEL :(0282)23-1234
FAX :(0282)23-1235

 お問合せはこちら

かんぴょうに関することは小野口商店へお気軽にお問合せください!